HEALTH

20トンの医療物資を運ぶ第一便がイスラエルに到着

Plane carrying 20 tons of medical equipment from China arrives at Ben Gurion Airport, April 6, 2020 (El Al/Defense Ministry)

20 tons of medical equipment arrive in Israel from China on flight no. 1 of 11

国防省は、90万枚のマスクや50万着の防護服など20トンの医療物資を運ぶ第一便が中国からイスラエルに到着し、今週末までに毎日2便を飛ばして、人工呼吸器をはじめとする必要な医療物資を中国から空輸する予定だと発表した。

先週、保健省は国外から27台の人工呼吸器やその他医療機器を購入したと発表し、また、地元メディアによると、イスラエル諜報特務庁(通称、モサッド)は、不特定多数の国々から2万5千枚のN95型マスク、検査キット2万台、1千万枚の手術用マスク、初期検査キット700台の入手を支援したと言われている。

イスラエル国内における人工呼吸器の不足が心配されているが、使用可能な人口吸気の台数について政府は1,437台、保健省と2,864台と発表し議論になっている。

先週、ネタニヤフ 首相は国防省に1日3万人に実施できるだけの検査キットを指示したが、検査薬不足のため数値を下方修正することになったが、今週、保健省は、検査薬の確保ができたと発表した。

イスラエル同様、世界中が人工呼吸器をはじめとする医療物資の入手のために必死になっている状況である

[記事元:THE TIMES OF ISRAEL]

ys
ys

Editors’ Voice:

It’s a matter of life and death all over the world, but why has the Israeli government decided to obtain medical equipment from China? Of course, a matter of life and death, though…

タイトルとURLをコピーしました