HEALTH

超正統派の中心地での異常な感染率

Police officers arrive to close synagogues in the city of Bnei Brak on April 1, 2020. (Yossi Zamir/Flash90)

Health official says 75,000 Bnei Brak residents likely have coronavirus

イスラエルで2番目に加入者の多い健康維持機構であるマカビは、超正統派の中心都市ブネイブラクにおける新型コロナウイルスの感染率が約40%であることを国会に報告した。

報告された割合を同都市における人口で換算すると、実際に感染確認がされた900人以上の75,000人近くの住民が感染したと考えられる。同都市のイスラエル国内において9番目に人口が多い都市であるが、感染者数がエルサレムに次ぐ2番目に高い都市でもあり、一都市あたりの感染率はエルサレムの4倍と最も感染率の高い都市である。

行政はブネイブラクでの感染検査の実施を試みているが、住民の中には、陽性反応のため過越祭(奴隷として囚われていたユダヤ人がエジプトからの脱出を記念する重要な祭り)の期間中、隔離されることを恐れ検査を拒否しているものもいる。

ここ数日で各自治体は、政府の命令に反して不要不急の外出などが見られるブネイブラクやその他の超正統派の都市での社会的距離の実施措置を強化し、ネタニヤフ首相は感染拡大の防止策の一貫としてブネイブラクへの出入りを制限した。

尚、今週木曜の朝の時点で、24時間以内に620人の感染が確認され、イスラエル全土で6,211人が感染し、33人が死亡している。

[記事元:THE TIMES OF ISRAEL]

ys
ys

Editors’ Voice:

A densely populated ultra-Orthodox city, Bnei Brak, has a significant increase of  coronavirus infectious, followed by other ultra-Orthodox cities, much higher rate than other cities in Israel.

タイトルとURLをコピーしました