BUSINESS TECH

超正統派とテクノロジー

Avratech director Aaron Safrai (right) is pictured with ultra-Orthodox Jewish students learning computer programming at Avratech’s Jerusalem offices (photo credit: MARC ISRAEL SELLEM)

 

Tech & Talmud: A winning combination for Haredi employment

Avratechは2013年にラビのLeybel氏によって、超正統派教徒のためにトーラー研究と生活費が両立できるよう、トーラーとハイテクを融合させた職業訓練所である。ここでは、超正統派教徒に対して英語、数学、HTMLをはじめとする各種プログラミングなどを教えており、卒業生はチェックポイント社、インテル社など名だたるIT業界のトップ企業に入社をしている。

超正統派教徒のSchotland氏は午前中はイェシーバで学び、午後はAvratechでプログラミングの職業訓練を受けており、18ヶ月間の受講が完了後、RavTech社での2年間の雇用が決まった。

超正統派教徒はわずかながらの聖職給で生活をやりくりしており、さらに、労働省の統計発表によると超正統派男性のおおよそ50%は失業をしている。また、Schotland氏も家庭の財政的事情によりAvratech社での訓練を受講することを決めた。

Avratechの設立をめぐって論争が巻き起こったが、今ではラビ達が大きな関心を示すまでになり、900件以上の申し込みが来るようになった。

[記事元:The Jerusalem Post]

タイトルとURLをコピーしました