TECH

スマート製造プラットフォームのSeeboが900万ドルを調達

出所:Calcalist(Seeboの共同創業者のAkavia兄弟)

Artificial intelligence IoT startup Seebo raises $9 million in series B round

テルアビブに拠点を構えるスマート製造プラットフォームのSeebo Interactive Ltd.(シーボ・インタラクティブ)がOfek Venturesがリードし、Vertex VenturesTPY CapitalViola Venturesが参加したシリーズBラウンドで900万ドル(約 9.6億円)を調達したと発表し、今日までの調達総額が3,100万ドル(約 33億円)に到達した。また、今回調達した資金は、欧米での事業拡大と製品開発の発展に充てる予定である。

Seeboは2012年にAkavia兄弟によって設立され、製造会社が既存の機器を迅速かつ低コストで稼働状態や利用状態といった情報をモニタリングするクラウドベースのソフトウェアを開発しており、顧客には、Nestlé、Barilla、PepsiCo Inc.、Mondelez International Inc.などがいる。

出所:https://www.seebo.com(遠隔設備監視画面)

同社CEOのLior Akavia氏は、消費者の生活習慣がここ数年で変化しており、食品、医薬品、クリーニング関連からの需要が高まっていると述べている。

また、今回の新型コロナウイルスの影響によって、製造業の働き方が変わらざるを得なくなっていることについて、同氏は、リモートによる作業工程の最適化が必要となり、スマートテクノロジーの導入が加速していると説明する。

[記事元:Calcalist]

ys
ys

Editors’ Voice:With the advent of the “Industry 4.0”, the manufacturing industry will rapidly undergo enormous changes within the few years. So, smart connected factory solutions would be not only automatically repairing if something goes wrong with the production line, but also predictive maintenance by AI will be more in use.

タイトルとURLをコピーしました