HEALTH

緑内障レーザー治療のBelkin Laserが1,225万ドルを調達

出所:Geektime(緑内障レーザー治療機器のBelkin Laser)

Bringing vision to eye care: Belkin Laser raises $12.25M with one-second laser treatment

緑内障レーザー治療のBelkin Laser(ベルキン・レーザー)が、Rimonci CapitalSanten Venturesがリードし、CR-CP Life Science Fund、BioLight Life SciencesC-Mer Eye Care Holdingsが参加したシリーズBのラウンドで1,225万ドル(約 13億円)を調達したことを発表した。尚、今回調達した資金は、欧州での多施設共同治験 「GLAUrious」 の継続と、今後のアジアにおける治験に充てる予定である。

これまでBelkin LaserはシリーズAラウンドで調達した250万ドル(約 2.6億円)を含め、合計660万(約 7億円)ドルを調達しており、Horizon 2020から300万ドル(約 3.1億円)の助成金とイスラエルイノベーション庁から助成金を得ている。

Belkin Laserの治療は、緑内障や高眼圧症 (OHT) を患い失明の可能性がある患者を対象としている。主な問題は、多くの患者がこうした問題に苦しむ一方で、治療ができる緑内障専門医が限られていることである。しかし、Belkiの治療は簡単で自動化されており、すべての眼科医が治療を行うことができる。

Belkin Laserは同社の医療ディレクターのMichael Belkin氏が2013年に創設し、同社の製品はBelkin氏のアイデアによって生まれた。

[記事元:Geektime]

kz
kz

Editors’ Voice: A number of glaucoma patients is said to reach 90.6 million in 2020 with no sign of decreasing. Thus, this device will be truly thanked by the patients with a hope.

タイトルとURLをコピーしました