NEWS

ブネイブラクの封鎖が解除の方向へ

出展:The Times of Israel(外出禁止のパトロールをする国境警察部隊。2020年4月16日)

Cabinet eases Bnei Brak lockdown, extends Jerusalem neighborhoods closure

超正統派住民の街であるブネイブラク地区は厳しく封鎖されていたが、新型コロナウイルス対策委員会はこの度、同地区の封鎖を緩和し、エルサレム近郊の都市は4月19日まで封鎖を延長することを決定した。この決定によって、公共交通機関の立ち入りは中止のままであるが、自動車でのブネイブラクへの出入りが可能となった。尚、北部の工業地帯は感染率が比較的低いことから封鎖はされていない。

封鎖緩和の動きがブネイブラクとエルサレムの周辺都市であり、既に2週間の封鎖が終わろうとしている水曜日の夜に警官隊はブネイブラクの出入り口を封鎖していた柵を撤去していた。財務大臣は国防大臣と共にこの案に激しく反対したと言われているが、保健省の承認によって最終的に承認がされた。

今回の封鎖に対してブネイブラク副市長は「全くの失敗」と激しく批難し、検問所の再設置は反超正統派的な人達をなだめるだけのものでしかないと主張している。また、各大臣達はうわべだけのポピュリズムに屈するのではなく、感染者の避難という現実に目を向けるべきだとコメントしている。

尚、地元メディアによると、感染者が増加している東イスラエルのアラブ系住民の都市が封鎖の対象と言われている。

[記事元:THE TIMES OF ISRAEL]

ys
ys

Editors’ Voice:The 2 weeks of strict lockdown in Bnei Brak lwould soon be lifted.

タイトルとURLをコピーしました