TECH

ナノテクノロジー企業のCENSが150万ドルを調達

出所:CENS公式ホームページ

CENS Materials brings in $1.5M to provide batteries a longer life

ナノテクノロジーで電気自動車のバッテリー容量を増やし、充電時間を大幅に短縮するCENS Materials Ltd.が、イラン系イギリス人投資家が率いるラウンドで150万ドル(約 1.6億円)を調達したと発表した。

CENSのソリューションは、これまで電池産業では実現されたことがない独特な導電能力を持つカーボンナノチューブから開発された。これにより、少量のカーボンナノチューブを使用するだけで、バッテリーのコストを維持し、バッテリーのエネルギー容量を高めて充電待ち時間を短縮すると、CENSは説明する。

共同設立者でCEOのBromfman氏は、CENSの技術はエネルギー容量を40%増加できることを証明し、また、同社の技術を搭載したバッテリーは来年に市場展開されるであろう、と述べている。さらに、現在、中国、日本、韓国のバッテリー企業と概念実証の段階にあり、今後、電気自動車業界に統合される可能性もあると説明している。

ベエルシェバに拠点を持つCENSは2013年にCEOのBromfman氏とFleischer氏がIncubit Venturesの一部として創設し、今回調達した資金によって、事業を開発段階からバッテリー工場建設を含む商業化前段階へ推進する予定である。

[記事元:Geektime]

kz
kz

Editors’ Voice: Since the number of electric vehicles is significantly increasing, this battery performance increasing cost beneficial nanotechnology would be inevitable.

タイトルとURLをコピーしました