SCIENCE

コロナウィルスと環境改善

TWO PEOPLE walk near the beach in Tel Aviv (photo credit: REUTERS)

Is the coronavirus crisis good for the environment?

イスラエルの環境保護省のよると、コロナウィルスの発生前後を比較すると空気中の二酸化窒素の量が30%減少したとのこと。イスラエルの空気汚染の主な原因は工業や交通公害のため、人々が在宅勤務に切り替えたことが要因の一つと考えられる。その一方で地球環境に優しくとも経済に悪影響を及ぼすことは間違いない。

そうした中、イスラエルの学者によれば、近年の技術の発展により実際に対面できなくとも オンラインで対応が可能となり、人々はそうした環境に慣れるであろうとのこと。

また、交通機関の停止、ビジネスの閉店、空港が閉鎖するヨムキプールに似ており、コロナウィルス発生による気候変動は人々に影響はさほどないと説明する。

しかしその一方で、コロナウィルス発生による環境問題として、環境保護省は街路消毒が水源に及ぶ可能性を発表した。また、ナショナルグラフィックが指摘したSNSを通じた動物のフェイクニュースの拡散が指摘された。

[記事元:The Jerusalem Post]

タイトルとURLをコピーしました