TECH

ベンチャー企業による新型コロナ対策の円滑化

El Al cargo plane arrives from China with medical supplies to help combat the coronavirus outbreak, Ben-Gurion Airport, April 6, 2020 (photo credit: EL AL/DEFENSE MINISTRY)

Defense Ministry uses Israeli start-up to streamline coronavirus fight

イスラルの国防省は、今後も、世界各国から引き続き調達する医療機器のサプライヤーをスクリーニングするために、地元のベンチャー企業Qlariumを採用した。

QlariumはAIをベースにしたシステムを用いて様々なソースから関連情報を収集して、中国市場に重きをおいた精度の高いサプライヤー情報をまとめている。また、様々なソースから収集した中国語の情報を編集して、翻訳してサプライヤー情報をまとめている。

尚、このシステムによって数分以内に、購買部門はサプライヤーの信頼性、取引履歴、企業そのもの真偽を把握することができるため、取引可否の意思決定をすることができる。

ちなみに、国防省はQlariumによって関連サプライヤーや製造業社を調べたり、ブローカー、不良品、偽企業を削除したりもしている。

QalriumのシャピラCEOは、今回の新型コロナによる危機的状況を通じて、明らかに履行できないサービスを提供しようとする信頼ができない企業を次々と特定したと述べ、また、、サプライヤーの信用調査によってサプライチェーンが加速され、医療機関が新型コロナウイルスに対して十分に対処できれることを望んでいる。

[記事元:The Jerusalem Post]

ys
ys

Editors’ Voice:

Applying the commercial service to screen Chinese companies whether trustworthy or not.

タイトルとURLをコピーしました