TECH

遠隔自動運転システムのDriveU.autoが400万ドルを調達

出所:DriveU.auto公式ホームページ(スクリーンショット)

DriveU.auto emerges from stealth mode with $4M funding round

遠隔自動運転プラットフォームを開発するステルスモードのDriveU.auto(ドライブU・オート)が、「イスラエルのビル・ゲイツ」と呼ばれるZohar Zisapel氏がリードし、Two Lanterns Venture PartnersKaedan Capitalなどの個人投資家が参加するラウンドで400万ドル(約 4.2億円)の資金を調達したと発表した。

オペレーターによる遠隔監視とマニュアルオーバーライドのいずれの機能も自律走行実験には必要である。しかし、遠隔操作オペレーターのために、膨大な量の4K動画と高画質のオーディオファイル双方のデータを収集して、自動車に必要な指示を出さねばならないという問題が発生する。

DriveU.autoのプラットフォームは遠隔操作による自動運転を実現し、また、タクシー、セミトレーラー、キャリアドローンなどの様々な車両に簡単に組み込むことができる。このプラットフォームは、不安定な衛星接続、データ損失、低性能ネットワークなど予測不可能なネットワークの状態を解決する機能がある。

CEOのAlon Podhurst氏はmDriveU.autoの技術は自動運転車のセンサーから直接受信したデータを動的にエンコードすると同時に、前方誤り訂正(FEC)アルゴリズムを組み込んでおり、また、接続回線を用いてデータは複数の回線グリッドを伝送することで、4 K動画、オーディオファイル、LIDAR、遠隔操作チャンネルなどの重要なデータを車両から送信することができると述べている。

[記事元:Geektime]

kz
kz

Editors’ Voice: The platform makes autonomous vehicles remote-control safer by transmitting enormous data efficiently..

タイトルとURLをコピーしました