NEWS

ユダヤ系過激派団体が警官隊と建築を巡って衝突

出展:The Times of Israel(イスラエル政府によるユダヤ系過激派団体の違法建築物を解体。2020年4月22日)

Far-right activists attack police in attempt to return to illegal outpost

今週木曜日にユダヤ系過激派団体が国境警察隊とヨルダン川西岸地区北部の緊迫した前哨入植地で、警察隊の自動車のタイヤを切り裂き衝突をした。国境警察隊はヒルトップ・ユースと呼ばれるユダヤ系過激派団体が入植地に違法に建てた後に取り壊された住居を立て直しをさせないために水曜日早朝にイツハル入植地に配備されていた。

オスロ合意で西岸地区はA、B、Cの3の地域に分かれており、AとB地域は行政はパレスチナ、治安はイスラエルが権限を持ち、西岸地区の60%を占めるC地域はイスラエルが行政と治安の実権実験を持っており、全入植者はC地域に在住している。また、オスロ合意でB地域におけるイスラエル人の建物の建築は禁じられているが、一握りの世帯が多くの過激派団体と住んでおり、水曜日に自宅が取り壊された一人はパレスチナ人に対して暴力的過激主義者だと言われている。

今年の1月にもこの過激主義者は違法建築のために取り壊された自宅の立て直しを行い、高等法院はB地域での建築行為の権限はなく、同地域の建築は違法と見なし取り壊せることを規定した。

B地域では、過激派団体による一連のパレスチナ人や警備隊に対する攻撃が発生したため、昨年10月に取り締まりが強化され、一時は状況が安定したが、3月中旬に状況が悪化し、シナゴーグを立てようとする入植者と国境警察の衝突が発生した。

[記事元:THE TIMES OF ISRAEL]

ys
ys

Editors’ Voice:Hilltop youth, attempting to rebuild demolished illegal homes, clashed with security forces.

タイトルとURLをコピーしました