TECH

Sightbit:海開きに向けたAIライフセービング

出所:NO CAMELS(Sightbitによる海水浴場の分析イメージ)

Israeli AI Lifeguard Helps Prevent Drowning As Beach Season Opens

イスラエルのスタートアップSightbit(サイト・ビット)は、AI技術を活用して海水浴客が水の事故にあったときにライフセーバーに警告するプラットフォームを開発し、イスラエル国内で人気のあるビーチで今シーズン初の実験を行なった。今回の実験は、イスラエル自然・公園局と共同で行い、最先端のAIとコンピュータビジョン技術を活用して、溺れている人の発見と死亡事故防止を容易にするイスラエル初の 「スマート」 ビーチを目指している。

 

出所:NO CAMELS(Sightbitによる監視画面)

Sightbitは2018年に設立され、ベン・グリオン大学の学生が運営するベンチャー部門のCactus Capitalから資金を調達している。 共同創業者でCMOのShezaf氏は、Sightbitの短期的な目標は、ライフセーバーの代わりになるのではなく、ライフセーバーが業務を遂行しやすいよう支援する「ツール」になることであるが、長期的視野で見れば、Sightbitのサービスは都市や海岸管理当局にとって最適なソリューションになるであろうと、述べている。

溺死者数は2018年の72人から2019年は46人に減少しているが、Shezaf氏はSightbitを導入することでさらに命を救えると考えている。遊泳禁止領域で溺死が多発していることついて、Shezaf氏は費用対効果が低いために警備体制が整っていないと説明する。 Sightbitの目標は、遊泳禁止地域にもカメラシステムを設置して、事故発生時に救援隊に警告して、迅速に救命活動を行えるようにすることである。

[記事元:NO CAMELS]

kz
kz

Editors’ Voice: Sightbit compensates for visual limitations which is surely what we can call Drowning prevention tech.

タイトルとURLをコピーしました