HEALTH

カンナビノイドベース薬品のInnoCan Pharma が370万ドルを調達

出所:Calcalist(左から創業者のDrucker氏、Bincovich氏、Mayron氏)

Israeli cannabis company InnoCan raises $3.7 million

カンナビノイドベースのOTC薬品を開発するイスラエルのInnoCan Pharma Ltd(イノカン・ファーマ)が、カナダ証券取引所で目論見書によって行う株式370万ドル(約 3.9億円)の募集を終了すると発表した。

InnoCan は カンナビジオール ( 「CBD」 ) と他の医薬成分を組み合わせたドラッグデリバリープラットフォームの開発に注力しており、テルアビブ大学と共同で中枢神経系への適応や新型コロナウイルス の両方を標的とする新しいエキソソームをベースとした技術の開発に取り組んでいる。尚、本剤は吸入による投与が想定されており、様々な肺感染症に対して臨床試験を行う予定である。

また、CBDドラッグデリバリープラットフォームを開発するために、ヘブライ大学の技術移転会社のYissum Research and Development Companyと独占契約を締結し、皮膚製品の開発にも取り組んでいる。

InnoCanは、CEOのIris Bincovich氏、Nir Avraham氏、Brainstorm and Pluristem Therapeuticsの元共同設立者であるYoram Drucker氏、Teva Israelの元CEOのRon Mayron氏によって2017年に設立され、2019年のIPOに先立ち440万ドルの資金を調達しており、うち300万ドルが大麻関連企業を専門に投資するSolsken limitedからの出資であった。

[記事元:Calcalist]

ys
ys

Editors’ Voice:Cannabis is somewhat a controversial issue in countries like Japan. However, it could be a genuine drug if used correctly.

タイトルとURLをコピーしました