TECH

顔認識サービスのAnyVisionが4,300万ドルを調達

出所:AnyVision(YouTubeより)

Israeli facial recognition co AnyVision raises $43m

AIによる顔認識サービスのAnyVision(エニー・ビジョン)が、投資ファンドや個人投資家などから4,300万ドル(約 45億円)を調達した。また同社によると、今回調達した資金を非接触型認証入退管理や遠隔認証の製品事業の拡大に充てるとのことである。

AnyVisionは前回の2019年6月のラウンドで、MicrosoftのM 12DFJ Growth Fund、Eyal OferのOG Fundから3,100万ドル(約 32億円)を調達しており、今回のラウンドを含め資金調達総額が1億1,700万ドル(約 124億円)に達した。

出所:AnyVision

AnyVisionはCEOのEylon Etshtein氏、Shlomo Ben-Artzi教授、ドローン・メーカーを共同買収した実業家Avihai Stolero氏が経営しており、同社はテルアビブ、ニューヨーク、メキシコ、ロンドン、シンガポールに240名の従業員が在籍している。

同社COOのAlex Zilberman氏は、同社のコアアルゴリズムは多様なデータセットに基づくトレーニングを行い、マスクの有無にかかわらず正確な認識を提供し、さらに、輪郭を保存することで個人のプライバシーを保護し、データ漏洩リスクを排除するよう設計されているため、ユーザーの身元を追跡することは不可能であり、コンピュータビジョン業界の競合は真似ができない、と述べている。

[記事元:GLOBES]

kz
kz

Editors’ Voice:  It has been already reported that Microsoft ended its investments in AnyVision controversy due to the accusation of helping the Israeli government surveil the West Bank. Hence, the purpose of utilizing this platform by some of the governments can be monitoring citizens on the street for unfavorable purposes.

タイトルとURLをコピーしました