HEALTH TECH

簡易検査機器-イスラエル発

Sight’s blood test device. Photo: Sight

The Israeli Inventions That Lessen The Healthcare System’s Burden

コロナウィルスに対する検査など負担軽減に向けて、イスラエルの医療機器やバイオ企業が参入。

簡易CTスキャンでウイルスを瞬時に特定するAI

初期の肺がん細胞検知機として認可を受けたRADLogics社の検査機器が、中国で検査で使用されたところ、驚異の検査能力が瞬く間に広まり、現在は、コロナウィルス特定用として改良版が提供されている。 

AIによる血液検査機

Sight Diagnostics社の開発した検査機は、持ち運びが可能で、複雑な操作方法もなく、数分で検査結果が出る。とある医療機関では院内で隔離中の感染者の血液検査の実施が予定されている。

元感染者の抗体活用

重症患者の治療に対して、Kamada社がコロナウィルスに感染した元患者の抗体育成に取り組んでいる。尚、ワクチンとは異なり、高額なため一回きりの重症患者向け。

遠隔医療

Clew Medical社は症状悪化を通知するアルゴリズムを開発し、重症化の6〜12時間前の通知が可能となった。また、遠隔監視も可能なため、専門医から各現場スタッフへの指示出しができるようになる。

自宅隔離向け

既に医療機関などに導入済みのEarlySense社のバイタル測定器は非接触型のため、自宅隔離をした人々の胸部の動きなどの遠隔監視が可能。

EarlySense’s monitoring device. Photo: EarlySense

感染度合いの特定

Geneyx Genomex社が幅広い疾患に対する遺伝的危険性等が特定できるクラウド型遺伝子データバンクを開発。国内外の医療機関と業務提携を行い、今後、DNAシークエンシングなど業務展開を検討中。

[記事元:CTec]

タイトルとURLをコピーしました