HEALTH

COVID-19に対する医療機関や医学部生による活動

Image by PIRO4D from Pixabay

Israeli universities to analyze thousands of coronavirus tests a day

COVID-19の検体検査の増加に伴い、ワイツマン科学研究所とテルアビブ大学が検査をに協力することとなった。

COVID-19はPCR検査によって診断されるが、検査結果が出るまでに時間が掛かり、個別検査では全体の処理速度の低下を引き起こす可能性がある。しかし、先月、ワイツマン科学研究所が、既存の検査方法と比較して圧倒的に少ない工程で、研究者たちの生物学的危険性を大いに減少させる検査方法を開発した。

また、テルアビブ大学は、関係者を総動員して半年近く掛かる研究所の設立を3日間で準備し、1日2千人の新型コロナの検査を実施する予定となっている。

現在、1千人以上の医学部生がマーゲン・ダビド(赤十字に相当する救護団体団体)国防庁などで、検査サンプル回収のボランティア活動をしている。

医学部生によるボランティアミッションは、テルアビブ大学やテクニオン・イスラエル工科大学をはじめとする国内と大学と中東地域最大のテル・ハショメール病院などの医療機関にとって新構想であった。他には170名のボランティアが12の医療機関付属の研究所で現在ボランティア活動をしている。

[記事元:NO CAMELS]

kz
kz

Editors’ Voice: In addition to prominent Israel universities’ efforts to get ready for coronavirus test, there are many doctoral students in Israel volunteering to support overburdened duties at medical institutions.

タイトルとURLをコピーしました