BUSINESS NEWS TECH

ベンチャーキャピタルのCyberstartsが1億ドルのファンドを組成

出所:Times of Israel(左からCyberstartsのLior Simon氏とGili Raanan氏)

Israeli VC fund Cyberstarts closes $100 million second fund

サイバーセキュリティのスタートアップを専門とするベンチャーキャピタルのCyberstarts(サイバースターツ)が2号ファンドを1億ドル(約 107.8億円)で組成した。

Cyberstartsは2018年にGili Raanan氏が創業し、 1号、2号ファンドそれぞれにチェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズの創業者シュロモ・クレイマー(Shlomo Kramer)氏や マリウス・ナハト(marius nacht)氏、Transmit Securityの創業者ミッキー・ブダエイ(Mickey Boodaei)氏など、イスラエルサイバーセキュリティ業界の重鎮達が参画している。

Cyberstartsによると、Raanan氏がゼネラルパートナーを務めるSequoiaも本ファンドに投資しており、Sequoia出身でArbor Ventures Investmentsを立ち上げたLior Simon氏がCyberstartsに加入した。

Raanan氏はイスラエル国防軍の8200部隊で10年ほど勤務し、その後、アプリケーションセキュリティのSanctum (後にIBMに売却)、企業データベースのアプリケーション分析技術のnLayers(2006年にEMCに5,000万ドル(約 53.9億円)で売却)を立ち上げた。また、同氏は、CAPTCHAセキュリティ・アルゴリズムの考案者の1人でもある。尚、 2009年にマネージングパートナーとしてSequoia Israelに入社した。

[記事元:THE TIMES OF ISRAEL]

ys
ys

Editors’ Voice:You can tell this is a very promising fund by not only Raanan’s career history but also the investors of the Cyberstarts funds.

タイトルとURLをコピーしました