BUSINESS

狂気の3月

Tel Aviv ‘s skyline. Photo: Bloomberg 

March Madness: VC Launches Online Start Up Competition

アーリーステージVCのGround Up Venturesが、スタートアップ企業向けに賞金10万米ドル(約1,100万円)の大会を行う。

なお、この大会では、すでに20万米ドル以上の投資を受けている企業が参加し、アメリカとイスラエルのVCに向けて自社技術のプレゼンを行う。

Ground Up VenturesのStark氏は、本大会では、コロナウィルスの影響で外出もままならない起業家達が自宅から世界の投資家達に真っ向からピッチできるようにしてあげたい、と述べている。

主催者によると、既に多くの企業が申し込んでおり、2020年4月1日に大会が実施され、数日間に渡ってピッチが実施される。

参加企業のうち32社が次のステージに進み、世界中の投資家や参加者に向けてピッチをリアルタイムで配信し、8社4組に分けられ決勝に向けて競い合う形式になっており、3月26日時点で、応募企業の35%以上がイスラエルからである。

とある応募企業は、コロナウィルスのためピッチできる環境がない中で、この大会は起業家達にとって投資家にピッチができる絶好の機会だと述べている。

[記事元:CTECH]

タイトルとURLをコピーしました