BUSINESS ENTERTAINMENT TECH

Microsoft for Startupsに選ばれた14社

出所:https://startups.microsoft.com/

Microsoft’s AI for Good accelerator selects 14 Israeli startups for new cohort

MicrosoftはTech for Goodと共にスタートアップ企業の成長を支援するMicrosoft for Startupsでイスラエル国内のAI関連企業14社を第一弾として選んだ。同社は今年の3月に新しいアクセラレーターのローンチを発表し、選ばれたスタートアップは平均50万ドルの資金とあわせて専門家からのトレーニングを受けた。

Microsoft for Startupsのマネージングディレクターを務めるRaz Bachar氏は、数百件の応募の中から選ばれた14社はいずれもAIと社会的影響を合わせた興味深いものであり、例えばSeismic AI社のように地震探知によって人々の命を救うような社会性のある企業への支援は、本プログラムとして大いに意義を果たすことになる、と述べている。

また、本プログラムを無事卒業した企業は、1億ドル以上を運用するMicrosoftのファンドから優先的に投資オプションが活用できるという。

参加企業は以下の通り。

Pecan AI Ltd(ピカン):予測分析のスタートアップ

MDI Health Technologies Ltd.(MDIヘルス・テクノロジーズ):ビッグデータと機械学習をベースに患者と医療従事者に副作用情報を含めた治療薬の提案するプラットフォームを開発

Utilis Corp(ユーティリス):衛星を利用した水道管の水漏れを検知

Octopus.Health(オクトパス・ヘルス):機械学習アルゴリズムに基づいて個別化された医療計画の作成プラットフォームを開発

MoodKnight by 4 Girlsは:精神的苦痛や自殺傾向を検出し、デジタル型の治療管理プラットフォームを開発

Rural Senses(ルーラル・センシーズ):コミュニティのデータ収集と言語処理アルゴリズムを組み合わせ、コミュニティの正確なニーズと各種プロジェクトの影響度を図る

Greeneye Technology(グリーンアイ・テクノロジー):人工知能とディープラーニング技術を生かして無駄に散布している除草剤を正確に検出して、リアルタイムで散布するシステムを開発

Seismic AI(サイズミク・AI):地震を早期検出する機械学習アルゴリズムを開発

RightHear(ライトヒア):視覚障がい者などの障がい者が公共施設などに訪問しやすくするシステム

Equalweb(イコール・ウェブ):障がい者のインターネット利用支援に特化

Lipifai(リピファイ):聴覚障がい者が周囲とコミュニケーションを補助する読唇技術を開発

IVIX(IVIX):税務当局が闇市場での問題に対処するための技術を開発

RayCatch Ltd(レイキャッチ).:ソーラーエネルギー市場向けのAIによる診断や最適化ソフトウェアの開発

Materials Zone(マテリアルズ・ゾーン):企業や研究機関などのコラボレーションを円滑にするための学術情報プラットフォームを提供

[記事元:Calcalist]

ys
ys

Editors’ Voice:Microsoft believes in the future with Israeli 14 AI startups.

タイトルとURLをコピーしました