BUSINESS

Revuzeが1,200万米ドルの資金調達の完了

The Israeli company says that its system can undertake a deeper and more significant analysis than any other product available on the market.

カスタマーレビューを分析するRevuzeがMaverick Ventursなどから資金を調達を受け、これまでに合計1,200万米ドル(約13億円)の資金調達を受けた。

RevuzeのサービスはAIにより膨大なカスタマーレビューを日常的に自動で分析を行い、また、フラッグシップ製品については、顧客企業向けにネットプロモータースコアや顧客満足分析結果をの提供を開始し、企業側は新たにデータサイエンティストの採用をせずに、リアルタイムで自社品の感想を入手することができるようになった。

また、資金投資企業の一つであるPrytekは、Revuzeのイスラエル以外の国々での事業拡大をも検討して、マーケティング会社、小売企業などの販売の裾野を広げることを決定した。

こうした状況を迎えRevuzeのCEOであるGrinvald氏は、市場調査の結果回収を待ち続ける必要が不要となり、あらゆる事業の最適な判断を実現が可能となった、とコメントしている。

[記事元:Globes]

タイトルとURLをコピーしました