TECH

集積回路の稼働予測のproteanTecsが4,500万ドルを調達

出所:Geektime(proteanTecs社メンバー)

Former Mellanox founders’ new baby, proteanTecs scores $45M KDT led Series C

集積回路の稼働予測機能を開発するproteanTecs(プロテアン・テックス)が、Koch Disruptive Technologiesがリードし、Valor Equity PartnersAtreides ManagementViola VenturesWRVI Capitalが参加したシリーズCのラウンドで4,500万ドル(約 48億円)を調達したと発表した。

proteanTecsは2017年にShai Cohen氏、Evelyn Landman氏、Roni Ashuri氏、Eyal Fayneh氏、Dr.Yahel David氏、Yuval Bonen氏らMellanoxの創業者によって設立され、これまでに合計9,500万ドル(約 101億円)の資金を調達しており、新たに調達した資金をグローバル展開の加速とカスタマーサポートの強化に充てる模様。

ProteanTecsは、集積回路やシステムの性能を継続監視する技術を開発したことで、回路の製品ライフサイクル全体に至る健全性と有効性を監視するツールの提供を可能とした。

proteanTecsは、チップから得られる運用データを機械学習や独自の分析機能と組み合わせることで、企業に自律的な機能を提供すると同時に、システムの生産性と品質を向上させる。さらに、同社のシステムは、チップが壊れる前に潜在的な誤動作を警告することによって、フリートの最適化を可能にする。尚、同社によると、proteanTecsの技術を生産ラインで利用することで、生産プロセス中のチップとシステムの品質を大幅に向上させ、チップの使用中の動作信頼性を監視できると述べている。

[記事元:Geektime]

kz
kz

Editors’ Voice:  The development of predictive technology will further advance EVs and medical device technologies, which have been accelerating in recent years, and will lead to more safety operation
.

タイトルとURLをコピーしました