NEWS

ユダヤ人過激団体による暴行

出展:The Times of Israel(国防軍が支給したテントで集団で隔離するヒルトップユース。2020年4月7日)

Settler radicals suspected of torching Palestinian cars near quarantine outpost

ヨルダン川西岸で月曜深夜、覆面をかぶったヒルトップ・ユース と呼ばれる入植地に住むユダヤ人の過激派団体がパレスチナ人たちに向けて石を投げ、催涙スプレーを撒き、自動車に放火をして逃亡したと警察当局が発表した。

事件は、イスラエル国防軍がヒルトップ・ユース20名の自己隔離用居住地として設置した死海付近のメッツゾークドゥラゴットで起こった。 彼らはヨルダン川西岸北東部に位置するギバトロネン入植地から来た若者たちで、メンバーうち一人が新型コロナに感染したために、エルサレムのホテルで自己隔離するためにホテルに向かっていた。

しかし、ホテル到着後、一人一部屋で過ごす指示に反対したため、警察側は南部にある他の施設に移動することにした。 このとき行き先を告げられず、彼らのうち一人がイスラエル総保安庁(イスラエルの諜報機関)が運営する拘置所に連行されると心配し、移動するバスの中で破壊行為に及び、何人かは逃亡を 試みたが、その後、国境警察に逮捕された。

尚、警察当局は、この若者たちによるバスの破壊行為に対して公開捜査を行うと発表している。

[記事元:THE TIMES OF ISRAEL]

ys
ys

Editors’ Voice:Israeli far-right young extremists, hilltop youth, from the southern West Bank attacked Palestinians and wreaked havoc on the bus.

タイトルとURLをコピーしました