BUSINESS

イスラエル民泊価格下落の危機

Tel Aviv rents to fall as Airbnb market collapses

コロナウィルスの影響で海外観光客がいなくなりテルアビブのAirbnb向けの不動産が賃貸アパートに移行している。そのため、賃貸物件数が前年3月と比較して上昇していることが、Yad2の調べでわかった。

Airbnbに掲載されているテルアビブの300以上の物件があり、以前は4,302新シェケルで掲載されていたフロレンティン地区の物件が、今では3,528新シェケルまで下落しており、他の地域も同様に6,000新シェケル台で掲載されていた物件も、今では5,000や4,000新シェケル台まで下落している。

自己隔離向けの部屋貸しが増えた結果、現地の短期滞在者向けの民泊会社の運営会社は、海外観光客の利用が見込めなくなり、1年前と比べて半額以下で部屋を提供している。また、他の民泊会社は、イスラエル政府が感染防止対策として帰国者全員に2週間の自己隔離の措置を行なった結果、一時的に急激な需要が増えたが、宿泊料は通常の半額での提供している、とコメントした。

[記事元:GLOBES]

タイトルとURLをコピーしました