TECH

ウェブアクセスビリィティのaccessiBeが1,200万ドルを調達

出所:CTECH(accessiBeのメンバー)

Website Accessibility Startup accessiBe Raises $12 Million

テルアビブに本社を構えるウェブアクセスビリィティのaccessiBe (アクセシビー)が、K1 Investment Management がリードするラウンドで1,200万ドル(約12.8億円)の資金を調達したと発表した。

accessiBeは2018年に設立され、視覚、聴覚、運動障害者がWebサイトにアクセスできるプロセスを自動化するAIツールを開発している。

従業員数47名のaccessiBeはテルアビブ郊外のブネイブラクに本社を構え、今回調達した資金で北米での事業拡大を検討している。今回の資金調達の前に50万ドル(約5,300万円)を調達している。

共同創業者でCEOの Shir Ekerling氏は、accessiBeのビジョンとは誰もがインターネットにアクセスできることであり、さらに、accessiBeのソリューションによって、企業側は法律を遵守して訴訟をされない一方で(※)、障害者側がインターネットを効率的に閲覧できるようになwin-winな関係になれる、と話している。

(※)ウィキペディアより抜粋
オンライン・プレゼンスを有する企業は、障害者ユーザーにアクセシビリティを提供する必要がある。 ウェブコンテンツ・アクセシビリティ・ガイドラインを実装する理由には倫理的かつ商業的な正当性のみならず一部の国や地域では法的な理由もある。イギリスの法律では、企業のウェブサイトがアクセシブルでない場合、差別との理由でウェブサイト所有者が訴えられる可能性がある。

[記事元:CTECH]

ys
ys

Editors’ Voice:I like the vision of this company which directly reflects their service.

タイトルとURLをコピーしました